スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油とは

植物の花、葉、果皮、樹皮などから抽出した、100%天然の揮発性の芳香物質を精油(エッセンシャルオイル)といいます
 
精油は 植物のホルモンともいわれ 人間が生きていくうえで必要不可欠な各種ホルモンと同様に 植物が生きていくうえで精油成分は必要不可欠です。害虫から身を守ったり 受粉のために必要であったりと役割をもってます植物たちが 太陽の光と大地の恵みから作り出した神秘の香りの物質を凝縮したものが精油です
スポンサーサイト

tag : エッセンシャルオイル

香りの種類

精油の香りには 大きく7つに分類されます。

フローラル系 
 ジャスミン ラベンダー ゼラニウム ネロリ ローズ
 カモミール

柑橘系 
 オレンジ グレープフルーツ ベルガモット マンダリン メリッサ
 レモン レモングラス

ハーブ系 
 キャロットシード クラリセージ バジル フェンネル 
 ペパーミン ト マジョラム ラバンサラ ローズマリー

樹木系 
 サイプレス シダーウッド ジュニパー ティトリー パイン 
 プチグレン ユーカリ ローズウッド

スパイス系 
 ブラックペパー ジンジャ

樹脂 樹液系 
 フランキンセンス ベンゾイン ミイラ

エキゾチック系 
 イランイラン サンダルウッド パチュリー ベチバー

ラベンダー

 精油のもっている 特徴 作用 効能を簡単に まとめてみました

特徴:
ウッディーな基調のフローラル系で、誰からも好まれる香りです。他の精油との相性もよく、初心者にも扱いやすい精油です。鎮静、抗ウィルス、細胞の成長など様々な作用があります。最初の1つとしてもオススメの精油です。

心に:
ストレスや不安、緊張や怒りをやわらげます。心地よい眠りを助けます。

からだに:頭痛、肩こり、筋肉痛などの痛みをやわらげる。高い血圧を下げる。生理痛や生理不順などを改善する。気管支炎、ぜんそく、のどの痛み、また、咳や風邪にも効きます。

肌に:
収れん作用で肌を引き締める。細胞の成長を促す。皮脂のバランスを整える。やけど、虫さされ、ニキビ、日焼けなどにも効果があります。

注意点
血圧を下げる作用があるので、低血圧の人は使用後眠くなる場合がある。妊娠初期には使用を控える。

ゼラニウム

特徴:
ローズに似た甘さと、柑橘系のフレッシュさをあわせ持った香りです。石けんなどでおなじみの香り。

心に:
不安、うつなどの気持ちを明るく高揚させます。また、ストレスを軽減し、不眠症を好転させる効果もあります。

からだに:
ホルモンの働きを調整し、生理痛や生理不順、更年期などの症状を軽減させます。殺菌作用があるので、うがいなどにも使えます。

肌に:
皮脂のバランスを整える。殺菌・消毒作用があるので、ニキビなどの症状を改善させます。また、血行を促し、顔色を良くする効果もあります。

そのほか:
虫よけにも役立ちます

注意点
肌を刺激することがあるので、敏感肌の人は気を付けること。妊娠中は使用を控える。

ローズ

特徴:
甘く優美な香で「精油の女王」とも言われています。マッサージやスキンケアに向く「ローズオットー」と、香りのよい「ローズアブソリュート」があります。

心に:
産後や失恋などの女性のうつ、悲観、嫉妬などの感情をやわらげる。自信を与えてくれる。

からだに:
子宮に働きかけ、ホルモンバランスを整える。更年期障害をやわらげる。

肌に:
毛細血管を強化し、あらゆる肌質に使える。とくに、乾燥肌、敏感肌、老化が気になる肌に有効。

注意点 
妊娠中は使用を控える。

カモミール

 ☆ローマンカモミール☆
特徴:
ヨーロッパでは古くから民間療法に用いられてきました。カモミール・ジャーマンよりも心への作用があります。作用が比較的穏やかなので、子供にも使用できます。

心に:
ストレス、不安、イライラした気持ちをやわらげる。

からだに:
頭痛、筋肉痛、歯痛などをやわらげる。また、胃炎、下痢、腸の炎症などを好転させる。生理不順にも効果的。

肌に:
ニキビなど、炎症を伴う肌の症状を改善させる。敏感肌のケアに役立つ。

続きを読む

ネロリ

特徴:
イタリアのネロラ公国のアンナ・マリア妃が好んだ香りということから命名されました。柑橘系の甘みとフローラル系の上品さを持った優美な香りがします。大量のオレンジの花からわずかしか抽出されないので大変高価な精油です。心因性の障害を改善する作用があります。

心に:
ストレスや不安を軽減させます。イライラやヒステリーなど、更年期に起こる症状をしずめる。交感神経を鎮めるので、不眠症にも効果があります。

からだに:
血液の循環をよくする。神経痛や頭痛などを軽減させる。また、心因性の障害を好転させるほか、強壮剤としても優れています。

肌に:
皮膚細胞の成長を刺激して肌の弾力を改善する。傷跡や妊娠線に効果的です。乾燥肌、敏感肌に効果的。また、シミやたるみを予防します。

注意点
交感神経を鎮静させるので、車の運転など集中力が必要なときには使用しないこと。

プロフィール

花かおり

Author:花かおり
大阪在住  
主婦 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
カウンター

FC2ブログ
無料blog

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日はどんな日?
FC2カウンター
リンク
動画で見る『100人の村』
コメントを頂きありがとう
RSSフィード
最近のトラックバック
1日1回クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。